子連れ初海外旅行はグアムがおすすめ【チップは必要?いくら払う?】

日本では馴染みのないチップの習慣。

海外ではチップの習慣がある地域も多く、
その度に戸惑います。

アメリカの準州であるグアムももちろんチップの
習慣があります。

スムーズに支払えるよう、覚えておきましょう。

使用通貨は?

通貨は、US「$(ドル)」と「¢(セント)」になります。
$1=100¢です。

紙幣は$100、$50、$20、S10、$5、$1の6種類、
硬貨は25¢、10¢、5¢、1¢の4種類が流通しています。

チップはいるの?

日本では習慣がないので、
グアム滞在中、多くの日本人が悩むチップ。

グアムはアメリカ本土と同様チップ社会なので、
スマートに支払いましょう。

ホテルやレストランでは、
従業員のお給料がチップを考慮した金額になっているので、
サービスが良かった!と思った時は、
サービスをしていただいた方へ、チップをはずんであげましょう。

チップでよく使用するのは$1紙幣。
多めに用意しておくと便利です。

ホテル

荷物をお部屋まで運んでもらった場合は、
運び入れが終わった時点で、
$1×荷物の個数分をスタッフに渡しましょう。

その際、「Thank you(サンキュー)」という感謝の気持ちを忘れずに。
特にチップと伝えなくても、大丈夫です。

ベッドメイキング

毎朝、出掛ける前に、
お部屋の掃除をしてくれる人に対して、
チップを置いておきます。

ベッド台数分または人数分×$1をベッドサイドに置いておきましょう。

レストラン

相場はお支払金額の15%程度、
サービスが良かったと思えば20%程度をチップとして払いましょう。

例えば$100の場合、$15がチップで、合計$115を支払うイメージです。

ただし、レストランによっては予めサービス料が含まれている場合があるので、
支払時に確認しましょう。

レシートにservive charge (サービスチャージ)と書かれてあり、
金額が記載されている場合は、すでにチップが含まれています。

金額が記載されていない場合は、
ご自身で記入してください。

クレジットカード払いの際は、
通常の手続き後に、スタッフがレシートを持ってきます。

TIPの項目があるので、手書きで記入しましょう。

なお、ファーストフードやフードコード等はチップ不要ですが、
レジ横にチップ専用の箱が設けられている場合が多いので、
そこに入れても良いでしょう。

タクシー

お支払金額の10~15%が相場です。

いずれの場合も、チップは必ず紙幣で支払ってください。
コインを使用すると失礼にあたります。

グアム滞在中、意外とチップを払うシーンは多いので、
両替時に、$1紙幣を多めにしておくと良いでしょう。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP