赤ちゃん連れでの飛行機旅行。機内への持ち物リスト

ただでさえ、荷物の多い海外旅行。

できるだけスーツケースに詰めて、預けてしまえば、
入国から搭乗まで身軽でいられます。

機内への荷物も必要最低限にして、
搭乗までの間、疲れないようにしましょう。

準備をしっかりしておくと、
機内で何かあっても慌てずに済みます。

私が実際機内へ持参したものをご紹介いたします。

ストロー付マグ

100ミリリットルを超える液体は機内に持ち込めませんが、
赤ちゃん用の飲み物は制限の対象外になります

離着陸時に飲ませたいので、必ず持っていきましょう。

我が家ではピジョンのマグを愛用。
粉末の麦茶も持参して、機内で麦茶にしていました。

体温調節用のカーデガン

飛行機の中は時間によって、暑かったり、寒かったりします。

体温の高い赤ちゃんは基本薄着で搭乗して、
カーデガンやパーカー等で調節するのが良いでしょう。

ブランケットを借りられる場合がありますが、
ブランケットでは暑くてグズる場合がありますので、
その場合は授乳ケープをかけてあげるといいでしょう。

冬の場合は、脱ぎ着しやすい服を着せておくのもポイント。

満席の機内では、人の熱気で暑く感じる事もあり、
暑いとグズって泣くこともあります。

飛行が安定するまで席を立てない場合、
親として心が痛みますよね。。。

脱ぎ着がすぐできるようにしておくと、
安心です。

着替え

おもらし等万一に備えて、着替えが1~2枚あると安心です。

オムツ

飛行時間に合わせて枚数と、
何かあった時用に、少し枚数多めに用意しておきましょう。

携帯用のおしりふきシートも併せて持参しましょう。
大きいものだと荷物になるので、
携帯用のものがあると便利です。

授乳ケープ

授乳中の場合は、必ず忘れずに!
機内でグズっても授乳ケープがあれば安心です。

なかなか断乳ができず、結局息子は3歳まで授乳していました。

おっぱいがあると、飛行機での移動はとっても安心♪

離着陸の際にも、
赤ちゃんは耳抜きができないので、
おっぱいを飲ませてあげると良いでしょう。

我が家は家族旅行だったので、
主人に通路側に座ってもらい、窓側で授乳しました。

初めは私も人前で授乳することにとても抵抗があったのですが、
洋服の一部に見えるようなかわいくて、
かつ見えないケープが売っているので、
授乳時間も楽しみました。

離乳食とおやつ

お腹が空いた時用に、
バナナや離乳食の瓶詰め・缶詰を持っていきました。

子供用のおもちゃ

狭い機内でずっと座っているのは、
大人でもしんどいもの。

小さい赤ちゃんならなおさらです。
そんな時に便利なのが、おもちゃや絵本。

見たことがない新しいおもちゃや、
絵本は特に効果的。

かさばらない小さめのおもちゃや、
軽めの絵本を、旅前に購入するのをお勧めします。

スタイ、ガーゼ

普段のお出掛けにも欠かせないものですが、
こちらも少し多めに用意しておきましょう。

いかがでしたでしょうか。

しっかり準備して、快適な空の旅をお楽しみくださいね。

 

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP